お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.08.04狭いバルコニーの有効活用



お家のバルコニーが狭い、もっと広ければバルコニーを有効活用できたのになあとお考えの方は意外と多いのではないでしょうか。
バルコニーでガーデニングしたり、ゆっくり時間を過ごしたりしたかった!というお話をよく聞きます。しかし、バルコニーの広さをすぐに変えるのは難しいですよね。
そこで今回は狭いバルコニーでも有効活用して、バルコニーでの生活を充実させる方法をご紹介します。


狭いバルコニーの活用方法



狭いバルコニーだからと諦めるのはまだ早いです。
狭いバルコニーでも活用できる方法をいくつかご紹介します。

バルコニーでガーデニングを楽しみたい

バルコニーでガーデニングを楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。
しかしガーデニングは場所を取りますよね。そこでおすすめなのが、ラティスを用いた壁掛けガーデニングです。
ラティスとは格子状になっているフェンスのことです。そのラティスをバルコニーのフェンスの部分に取り付け、格子状の部分に壁掛けタイプのプランターをかければ狭いバルコニーでもガーデニングが可能になります。

バルコニーでゆっくりしたい

バルコニーでゆっくりしたいけどスペースがないという場合は、置くアイテムを工夫してみると良いかもしれません。
例えば、ガーデンテーブルセットにしたい場合も、ミニサイズにすると狭いバルコニーでも取り入れられると思います。カフェのテラス席にあるようなデザインのものなら、おしゃれ感が出るのでおすすめです。
また、あえてミニソファを置くのもテーブルはバルコニーの広さによってはテーブルが置けなくなりますがゆっくりできるのでおすすめです。

子供と遊びたい

お子様とバルコニーで遊びたいという場合は、バルコニーの床を人工芝にし、バルコニー全体を遊び場にしてしまえば狭いバルコニーでも十分遊ぶことができます。
最近では人工芝のマットが販売されているので、そのマットを敷き詰めれば人工芝のバルコニーの出来上がりです。
おすすめはロールタイプになっている人工芝です。排水管などの障害物部分はカットして貼るようにしましょう。
また、バルコニーのフェンスの目が荒い場合、危険なため目が細かいフェンスを上からつけたりするなど対策をするのがおすすめです。

床材を使用しておしゃれに

狭いバルコニーでもおしゃれに見せたいという場合は、床を床材やマットなどを用いてデザインを変えるのがおすすめです。
先ほどご紹介した人工芝はもちろん、ウッドデッキ風のウッドパネルなどの床材を使用することでガラッと印象が変わるので、狭いバルコニーでありながらもデザイン性のあるおしゃれなバルコニーになります。

洗濯しやすいバルコニーにしたい

バルコニーを洗濯しやすいように、実用的に活用したい場合は蛇口を設置するのがおすすめです。蛇口を設置してもそこまで場所を取らないので狭いバルコニーでも設置できます。
バルコニーに蛇口があれば洗濯機を設置することができ、洗濯機で洗濯、そのままバルコニーで干すことができ、洗濯を干すために移動したりする必要がありません。
バルコニーに蛇口を設置する際は水道設備に強い施工会社に依頼するのがおすすめです。
東京、神奈川エリアでバルコニーに蛇口をつけたい場合は川崎市宮前区の水回り専門リフォーム会社NAKAJIMAにお任せください。


まとめ



今回は狭いバルコニーでも活用したいという方に向けてバルコニーの活用方法をいくつかご紹介しました。
バルコニーでどのように過ごしたいかを決め、少し工夫するだけで狭いバルコニーでも活用できるようになるのでぜひ参考にしてみてください。
ほとんどDIYなど自分でできるものですが、バルコニーに蛇口をつける場合のみは業者に任せましょう。
水回り専門リフォーム会社NAKAJIMAではどこでも蛇口をつけることができる「どこでも蛇口パッとじゃー」というサービスを行っているので、ぜひお任せください。

一覧へ