お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.09.12排水の詰まりは「マス」も要確認です



排水の詰まりは、排水口の入り口の不純物を取り除いて、菅の中を
高圧洗浄などで掃除をしても改善されない場合、
マス(排水の集まる菅の合流場所)が、詰まっている場合があります。

 

マスの種類

マスには種類があり、それによってリフォーム内容も変わってきます。

 

コンクリートマス

コンクリートマス

塩ビ製(塩ビ管:硬質ポリ塩化ビニル管(UnplasticizedPoly(VinylChloride)(PVC-U)Pipes))
が、標準仕様になる前は、コンクリートマスが使われていました。土に直接埋めて施工する以前の方法では、植物の根が入りこみ、配水管・マス内が詰まる原因となります。
施工後、20年程で劣化してしまうので交換の時期になります。

根が入り込んだマス根が入り込んだマス

 

塩ビマス

塩ビ

腐食に強く、価格的にも安く、また管理・施工もしやすいので、メンテナンスフリー、工期短縮で現在の標準仕様のマスが塩ビ製のマスとなっています。

 

まとめ

家の周りを一周回ってみて、コンクリート製のマスが使用されているようなら、交換の時期かもしれません。
施工後、20年を目安に交換をお勧めいたします。(施工費:20万円(税別〜))
キッチンのリフォーム、リノベーションは水回り専門リフォーム会社NAKAJIMAにお任せください。
川崎市宮前区にあるので、神奈川、東京エリアに対応しています。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せはNAKAJIMAまで

一覧へ