お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.10.16キッチンリフォームはいつする?耐用年数はどのくらい?

新しいキッチンにしたいな…少し使いづらくなってきた…などキッチンリフォームを検討する方もいらっしゃると思います。
頻繁に購入するものではないので、そのタイミングやキッチンの耐用年数などが気になるのではないでしょうか。今回は、キッチンの耐用年数やリフォームのタイミングの目安などについてご紹介します。

キッチンの耐用年数とは



長く使えるイメージがあるキッチンですが、実は耐用年数は10〜20年程度と言われます。
あくまでもひとつの目安ですが、10年を超えてくると少しずつ不具合などが出てくることもあります。
キッチン自体の不具合ではなくても、ガスコンロや水栓の周辺など付属品や周辺機器が故障してくるケースが多いです。

毎日お掃除をしていても、毎日使う場所なのでどうしても老朽化してしまいます。
そのため、キッチンの周辺機器を含めて、故障や不具合が出てきたら修理・交換するタイミングと言えるでしょう。

キッチンリフォームを検討するタイミング

具体的に、キッチンを修理・リフォームするタイミングについてご紹介します。

キッチンや周辺機器が故障してしまった時

キッチンと言っても、レンジフード、ガスコンロ、排水のつまり、水漏れなど様々なパーツ・箇所があります。
また、それぞれ耐用年数が異なるので、全て一気に故障する・不具合が出るということではないのです。
1箇所の故障であれば、その箇所を修理すればまだ使えるのでリフォームは不要なケースもあります。

しかし、明らかに設備に不具合が生じている、何度も同じ箇所が故障する、などといった場合は、
少しくらいならまだ使える、と使い続けたくなりそうですが、交換・リフォームを検討するタイミングと言えるでしょう。

使い勝手が悪いと感じた時

毎日使用するキッチンなので、使い勝手が悪いとそれだけで大きなストレスになってしまいます。
キッチンの高さが合わない、動線が悪く使いにくいなど、不便さを感じてきたらリフォームを検討するタイミングです。

また、使い勝手の悪さは家事の負担にもなってしまうので、モチベーションも下がってしまうので
リフォームで快適な使いやすいキッチンにすることを検討すると良いでしょう。

家族が増えた・ライフスタイルが変化した時

家族が増えたので収納が足りなくなった、調理スペースが狭くて危ない、高齢者や子供がいるので安全な機能が備わった設備にしたいなど、ライフスタイルの変化もリフォームのタイミングです。

広々したキッチンにしたい場合は壁づけタイプからアイランドキッチンにするなど
レイアウトを変更することでゆとりのあるキッチンにすることができます。
スペースが広くなり狭いスペースで火を使わなくなることで安全面でも安心です。

キッチンリフォームのポイント



キッチンリフォームで失敗しないためにはどのようなことを意識すると良いのでしょうか。

家事の動線を考える

キッチンリフォームにおいて動線を考えることはとても大切です。
冷蔵庫との距離や設置場所、ダイニングとの距離や動線のスムーズさ、など動線を意識しないと使いにくいキッチンになってしまうので、レイアウト・動線は事前にしっかりと確認するようにしましょう。

収納スペースを確保する

収納スペースが少ないと、食器や調理器具が散らかってしまったり、料理をするうえで動線の妨げにもなりかねません。
キッチンでは食器に調味料などが飛び散ってしまうこともあるので、綺麗なキッチンを保つためにも収納の確保は大切です。

お手入れのしやすさ

キッチンリフォームではデザイン性も重視したいですが、機能性も忘れないようにしましょう。
キッチンは素材も様々なタイプがあるので、お手入れがしやすい素材を選んだり
コンロはIHにすることでフラットでお手入れがしやすくなったりします。
毎日使うキッチンなのでお手入れのしやすさも確認すると良いでしょう。

まとめ

キッチンリフォームはお客様の理想、ライフスタイルに合わせて考えることが大切です。
NAKAJIMAは、キッチンリフォーム、水回りの故障・修理などを専門にしているので、お客様の生活が快適になるように最適なプランをご提案いたします。
キッチンリフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。川崎市宮前区を中心に、神奈川・東京エリアに対応しております。

一覧へ