お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.10.06最近話題のオキシ漬けで風呂釜を洗うのは?

万能のように思いがちな、「オキシクリーン」
・想像より汚れが落ちない?
・効果的な使い方が解らない…
と、いったお悩みを解決します。


オキシクリーンとは

オキシクリーン(OxiClean)は、アメリカの家庭用クリーナーブランドの酸素系漂白剤です。
オキシクリーンには日本版とアメリカ版があり、
アメリカ版には「界面活性剤」が入っていて、日本版には入っていないことです。
また、オキシクリーンには、日本で市販されている風呂釜洗浄クリーナーに入っている「過炭酸ナトリウム」が主な成分ですので、風呂釜洗浄剤として代用できます。


オキシクリーンを使った風呂釜掃除

お湯の入った浴槽にオキシクリーンを投入(200~300g)

風呂釜掃除は、25℃くらいのぬるま湯使用
おふろの残り湯でもよいですが、新しいお湯のほうが汚れ落ちが解かりやすいです。
また、直接お風呂に入れてもよいですが、事前に洗面器などで
オキシクリーンを溶かしてからの方がよいと思います。

追い焚きをする(10分くらい)

追い炊き口にオキシクリーンを循環させます。

漬け置きする(2~3時間放置)

バス用の椅子や桶、浴槽のフタ、排水口の備品なども、浴槽に一緒に漬けます。

放置後、お湯を流し再度水を張りお風呂を沸かす

浴槽でオキシクリーンのお湯を流してお掃除完了では、まだ追い炊き口内にオキシクリーン水が残ってしまいます。
再度追い炊き口に綺麗な水を循環させオキシクリーンの水を完全になくします。




まとめ

配管にたまった汚れをエサに、「レジオネラ菌」「サルモネラ菌」「大腸菌」などの菌が増殖することがあります。
オキシクリーンだけでなくても、定期的に浴槽の清掃は心がけましょう。

※メーカーが推奨する洗剤以外を使用しますので、念のため自己責任でおねがいします。

一覧へ