お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.08.19キッチンのリフォーム、リノベーションにはどれくらいの費用がかかる?



そろそろ古くなってきてキッチンが古くなったからキッチンのリフォームをしたい。新しいキッチンを試してみたいなどキッチンのリフォームを考えているという人も多いと思います。
そこで今回はキッチンのリフォーム、リノベーションをする場合どれくらいの費用がかかるのかを紹介します。


キッチンリフォーム、リノベーションの相場



まずはキッチンのリフォーム、リノベーションにかかる費用の相場をご紹介します。
相場としては100万円〜150万円程度になります。
また安く済んだとしても30〜50万円程度、高い場合でも200万円程度です。


施工内容別 キッチンリフォーム、リノベーションの費用

キッチンのリフォーム、リノベーションをする際、フルリフォームをするのか、一部分のリフォームを行うかでかかる費用が変わります。
施工内容別に費用を見ていきましょう。

一部分の施工の場合

換気扇の取り付けや、コンロの交換などキッチンの一部分の施工の場合は最低で30万円程度に収まります。
コンロの状態など不具合が発見された場合は費用がもう少し上がる可能性はあります。

キッチン全体をリフォーム、リノベーションする場合

キッチン自体の交換などキッチンのリフォーム、リノベーションを行う場合は70万〜150万円程度かかるでしょう。施工内容、施工費用ともに一番多いパターンです。
交換するキッチン自体の費用やサイズなどにより費用は変動します。
また、I字型キッチンをL字型キッチンに変更したり、対面キッチンに変更するなど、キッチンの一を変更する場合は100万円以上になると考えておいた方が良いです。
このような場合でもキッチンの配管などに問題があった場合さらに費用が高くなる可能性があります。

大規模なキッチンリフォーム、リノベーションの場合

キッチンリフォーム、リノベーションの中でもさらに水道や電気、ガスなどの配管の施工も必要な場合の費は150万円以上かかると想定しておくと良いでしょう。
さらに、2階にあったキッチンを1階に変更したいという場合は200万円以上、特注のキッチンを取り付けるという場合は300万円以上かかると考えられます。


キッチンリフォーム、リノベーションの費用を抑えるには

キッチンのリフォーム、リノベーションの際の費用相場をご紹介しましたが、やりたい施工内容が高すぎるという場合、もしかしたら費用を抑えることができるかもしれません。
費用が高くなる原因を見てみましょう。

ビルトイン機器にこだわりすぎている

すでにキッチンについている機能のビルトイン機能は性能が良いほど費用が高くなっていきます。
便利にしたいからとあれもこれもと機能をつけていくとその分費用が上がるので、便利そうというだけで実際に必要な機能かどうかを考える必要があります。
特にIHコンロを導入する際は電気工事も必要になるため費用が高くなりやすく、注意が必要です。

素材を高いものにしてしまっている

キッチンの作業スペース、引き出しや扉部分などの収納部分は素材がキッチンによって違います。この部分の素材が高いものを選んでしまうと、もちろん高い素材にはその分良い面もありますが、費用が高くなってしまいます。
安い素材には安い分傷つきやすいや汚れがつきやすいなど悪い点がありますが、傷つきにくい加工や汚れがつきにくい加工がされたものなど悪い点を改善されたものもありますので、費用が高いなと感じる場合は安い素材の中でもう一度探してみるのがおすすめです。


まとめ



今回はキッチンのリフォーム、リノベーションにかかる費用の相場をご紹介しました。
キッチンの状態、施工内容、ご自宅の状態によって費用は変わるので、まずは見積もりを撮るのがおすすめです。
東京、神奈川エリアでキッチンのリフォーム、リノベーションをお考えの場合は川崎市宮前区の水回り専門リフォーム会社NAKAJIMAにお任せください。

一覧へ