お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.07.11ドローンで行う屋根診断とは?



スポーツとして人気だったり、最近ではイルミネーションとしてアート作品になったりと様々な場面で使用されるようになったドローン。
近年はカメラとしても使用されています。例えば山の山頂から見下ろすような映像を撮影したり、災害時には人が行けないような危険な場所を撮影し、人が取り残されていないか、どのような状態になっているかの確認・点検などに使われています。

このように年々撮影技術や画質なども上がり、検査・点検にも使用されるようになってきたドローン。リフォーム、リノベーション業界でも使用され始めています。

川崎市宮前区のNAKAJIMAではリフォーム、リノベーションの際の屋根診断にドローンを用いて、隈なく屋根診断しています。
そこで今回はドローンで行う屋根診断について詳しくご紹介します。






ドローンで屋根診断とは

ドローンで屋根診断とは一体なんなのでしょうか。
ドローンで屋根診断とは字の通り、ドローンを用いて屋根の状態を診断するということです。
カメラがついているドローンを屋根まで飛ばし、本来は人が登って確認する屋根をドローンの映像で点検、診断します。

ドローンを用いて屋根診断を行うとメリットが多くあるため、中嶋設備ではドローンでの屋根診断を行っています。


ドローンで屋根診断を行うメリット

ドローンで屋根診断を行うメリットを具体的にご紹介します。

安全性が高い

ドローンを用いることの大きなメリットは安全性が高いことです。
従来の人が登って確認する方法では点検員の転落などが絶対に起こらないとは言い切れませんでした。しかし、ドローンを用いた屋根診断では、もちろん点検員はいますが、屋根に登らないため、落下などの危険がない診断方法になります。

短時間で完了

従来の診断方法では、点検員が屋根の上に登るための足場やハシゴの設置が必要でした。
しかし、ドローンを用いた屋根診断の場合、足場の設置などの必要がなく、すぐに診断が完了致します。
NAKAJIMAでは最短15分で完了することもございます。

コストが抑えられる

人が屋根の上に登って屋根を診断する場合、人が登るための足場やハシゴの設置、人件費など費用がかかっていました。しかしドローンを用いた屋根診断の場合はドローンを操縦するのみなので、足場などにかかる費用や人件費が抑えられ、低コストで診断することができます。

調査をリアルタイムでご確認いただける

実際トラブルがないのにも関わらず、お客様が見えないことをいい事に本当は必要のない施工をしたりと中には自ら損壊させて工事を促す悪徳な業者もいます。
もちろんNAKAJIMAではそのようなことは一切行いませんが、不安というお客様や、実際どうなっているのか見てみたいというお客様もいらっしゃるかと思います。
NAKAJIMAでは、リアルタイムでドローンが撮影する映像をご確認いただけます。

工事の手配がその場でできる

NAKAJIMAの場合、設備会社が直接ドローン屋根診断にお伺いしますので、もし問題が澪使った際は修繕の手配が可能です。さらに、修繕にかかる時期や費用もその場でお伝えすることが可能です。


ドローンで屋根診断って本当に大丈夫?

ここまでドローンの屋根診断についてご説明しましたが、「本当に大丈夫なの?」と不安に感じる方もいらっしゃると思います。
そこで、NAKAJIMAに寄せられた質問とご回答をいくつかご紹介します。

Q.診断当日は近隣の方へ伝えておいたほうがよいのでしょうか?

A. 診断で使用するのは機体重量200g以下のトイドローンといって航空法に
定める無人航空機に該当しないため、規制の使用がほとんどありません。
診断も短時間で済むため、近隣の方へのご連絡や了承は必須ではありません。

Q. もしドローンが屋根に落ちた場合、屋根は大丈夫ですか?

A. 小型で軽量タイプのドローンを使用いたしますので、万が一ドローンが
屋根に落ちたとしても傷つけることはほとんどありません。

Q. 診断後、必ず修理を依頼しなければならないですか?

A. 必ず修理をしていただく必要はありません。
ただ危険を及ぼす可能性の箇所などあれば、修理することをお勧めいたします。


まとめ

ドローンで屋根診断はまだまだ行っている会社や業者が多くなく、「メリットが多いならやってみたいけど不安」という方も多いと思います。
NAKAJIMAでは東京都から横浜市や川崎市などの神奈川まで対応しております。
まずはお気軽にお問い合わせください。不安な点はしっかり説明させていただきます。

一覧へ