お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.08.02家でキャンプ ベランダ編

コロナ禍と空前のアウトドアブーム、キャンプブームが合わさり、密にならずに楽しめるキャンプが流行っています。
しかしキャンプは移動距離が遠かったり、道具の用意が大変、場合によっては危険があるので、最近ではお家でキャンプが流行しています。
そこで今回はお家でキャンプをしたいという方に向けてお家のベランダでキャンプをする方法をご紹介します。


お家キャンプとは



おうちキャンプとはベランダやお庭、デッキなどでキャンプを楽しむことで、「コロナ禍でキャンプ場に行きづらい」、「最近キャンプを始めてみたいと思ったけどキャンプ場は敷居が高いかな」という方にお家で手軽にキャンプができると人気です。
お家でキャンプをする場合の全てをお家キャンプ、またはおうちキャンプと言いますが、ベランダでキャンプをする場合はグランピングに合わせてべランピングと呼ばれ、お庭でキャンプをする場合は庭キャンプと言われます。


ベランダでお家キャンプを楽しむ方法



今回はお家キャンプの中でもべランピングと呼ばれる、ベランダでキャンプを楽しむ方法を、これから初めてみたいという方にご紹介します。

用意するもの

・テント
・テーブルセット
・寝袋
・飾りや照明

基本的にこの道具が揃っていればお家のベランダでキャンプすることができます。
おしゃれに楽しみたいという方は装飾品としてクッションやランタンなどを用意しても綺麗だと思います。
また、焚き火がしたという方が多いですが、お家の敷地内で焚き火をするのは危険を伴いますのであまりおすすめしません。

キャンプ空間を作ってみましょう



ベランダでキャンプをする際は何か飾りをつけるのがおすすめです。
通常のキャンプの場合、車に荷物を詰めてキャンプ場に向かうため、なるべく荷物は減らしたいですよね。
しかしお家のベランダでキャンプをする際は荷物を機にする必要がないので、好きなように装飾することができますし、装飾した方がいつものベランダとは違う非日常感が味わえます。
SNSで調べるとおしゃれに飾ってベランダでキャンプをしている方が多いので参考にしてみると良いかもしれません。
時に照明で飾るのが人気です。
ベランダの中を数個のランタンを間隔を空けて配置すると、まるでキャンプ場のようにベランダ全体を柔らかく照らしてくれます。
ベランダにフェアリーライトを巻きつけたり、キャンプとベランダをフェアリーライトで繋げるとかわいらしくイルミネーションのようになります。
どのような照明を使うかで雰囲気が変わるので照明で飾るのはおすすめです。

料理を作ってみましょう

キャンプブームのきっかけとなった1つはキャンプ飯と呼ばれるキャンプならではの豪快な料理ではないでしょうか。
キャンプで使うスキレット料理の特集が組まれたり、ご飯を炊く飯盒でスープなど別のものを作る方法が紹介されたりとキャンプ飯は注目を浴びました。
ベランダでキャンプをする際もスキレットを使った料理など、普段家では作らないような料理を作ってみるのもベランダキャンプの醍醐味の一つです。
キャンプの場合は自然の中で食べるので足場が安定しないこともありますが、ベランダであればテーブルセットの上でゆっくり食べることができます。

外で寝てみましょう

もっとキャンプ感を楽しみたいという場合は寝袋を用意し、ベランダのテントの中で寝るのもおすすめです。
普段家の中では感じなかった空気や音などを感じながら眠ることができると思います。
キャンプ場よりも虫刺されや自然災害の危険が少ないので、まずは外で寝るとどういう感じなのかを知りたいという方におすすめです。


まとめ

今回はアウトドアブーム、キャンプブームの中、コロナ禍のためにキャンプ場に行けないという方に流行っているお家でキャンプをベランダでする方法をご紹介しました。
お家でキャンプはキャンプ感を手軽に楽しむことができるため、コロナ禍の前はキャンプによく行っていたという方やキャンプに行ったことがないという方まで幅広く楽しむことができるためおすすめです。
今回は川崎市宮前区の水回り専門リフォーム会社NAKAJIMAがご紹介いたしました。

一覧へ