お電話
お問い合わせ

NEWSお知らせ

2022.08.18お風呂をリフォームしたい!浴室リフォームの種類と費用を解説します。



長く浴室を使用しているからそろそろリフォームをしたいという方や、冬場は寒くて困っているので冬でも暖かい浴室にしたいなどお風呂のリフォームを考えているという方は多いのではないでしょうか。
浴室のリフォームを考えた時、まずは費用が気になりますよね。
そこで今回はお風呂、浴室をリフォームした際にかかる費用について、また費用にも関わってくる施工方法についてご紹介します。


浴室のリフォームにはどのような施工があるの?



浴室リフォームの費用を見る前に浴室のリフォームの費用に関係する施工方法についてみていきましょう。

ユニットバス

近年の浴室リフォームではこのユニットバスでの施工が一番多いです。システムバスとも言われます。
ユニットバスと聞くとホテルや賃貸マンションのお風呂の中にトイレがある間取りを思い浮かべますが、浴室リフォームの場合では違います。
ユニットバスは浴室内のどこか一部分などではなく、浴槽、壁や床といった内装、シャワーまで全てセットになっている浴室のことです。
全てセット人っていることから、メーカーの特徴が色濃く出るため、日々新しくて便利な機能が登場しています。

ユニットバスのメリットとしては

・工事期間が短い
全てセットになっているため、施工の際の工数が少なく、工事期間が短く済むのがメリットです。

・暖かい
近年主流になっているユニットバスは機密性が高いものが多いため暖かいのが特徴です。
お風呂が寒いとお困りで浴室リフォームをされた方のほとんどがユニットバスにされています。

・お手入れがしやすい
ユニットバスは壁1枚がとても大きいのも特徴でそれにより壁と壁の隙間が少ないのでお手入れがしやすいです。
さらにユニットバスの中には防カビ機能のついた壁もあるので汚れやカビに悩んでいるという方におすすめです。

一方でメリットもあります。

デメリットは費用が高くなってしまうことです。
便利な機能がたくさんあるユニットバスですが、だからこそ費用が嵩んでしまいます。
さらに、機能性を求めてオプションなどをつけるとさらに費用が高くなってしまいます。
しかし、長く快適に使えると考えるとやはりユニットバスはおすすめです。

在来工法

在来工法はユニットバスが現在のように広く普及する前に行われていた工法で、ユニットバスとは違い、全てのパーツを別に揃え、組み合わせて作る工法のことです。
昔からあるお家だと家によってお風呂の形や仕様が違うことがありますが、在来工法で作るとそのようにおうちによってお風呂の形や仕様が異なります。
現在は在来工法で浴室リフォームを行うことは少なくなってきています。


浴室リフォームの費用



工法による違いもわかったところで、浴室リフォームでかかる費用の相場をご紹介します。

ユニットバス

ユニットバスで浴室リフォームをすると50〜150万円程度費用がかかります。

在来工法

在来工法で浴室リフォームをすると65~250万円程度費用がかかります。

浴室ドア交換

浴室ドア交換のみの施工の場合、費用は約3~10万円です。

浴室塗装

浴室塗装のみの施工の場合、費用は約10~20万円です。

浴槽交換

浴室塗装のみの施工の場合、費用は約10~50万円です。

浴室リフォームの際の主な施工の費用相場をまとめてみました。
ご自宅のお風呂の状態によっても費用は変わりますので、心配な場合や真剣に施工を検討しているという場合は見積もりをとるのがおすすめです。


浴室のリフォーム、リノベーションはお任せください。

今回は浴室のリフォーム、リノベーションの際にかかる費用についてご紹介しました。
浴室のリフォーム、リノベーションは水回りの設備に強いリフォーム会社に任せましょう。
東京、神奈川エリアで浴室のリフォーム、リノベーションを検討されている場合は、川崎市宮前区にある水回り専門リフォーム会社NAKAJIMAにお任せください。

一覧へ